介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の違いと役割

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の違いと役割

3福祉士というのは、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の3つであり、福祉の国家資格のことを言います。

 

この資格はそれぞれどういった違いがあり、どういった役割を持っているのでしょうか。

 

介護福祉士は介護を専門としている

介護福祉士は介護の国家資格です。取得するのには主に2つのルートがあります。1つは経験を積んでから国家試験を受ける方法です。

 

介護福祉士はこの取得方法でとる方が非常に多いのが特徴的です。もう一つは学校を卒業していから取得する方法です。

 

以前までは卒業と同時に取得ができるルートもありましたが、法改正によってなくなりました。

 

試験に受かると実務者研修を修了して介護福祉士となります。

 

介護福祉士の主な仕事内容は介護です。介護を高齢者に提供して、自立した生活を送ってもらうことを目的としています。また、介護を実際に提供していくほかに、生活環境を考えたり、相談に乗ることもあります。

 

3つの国家資格の中で、最も多いのが介護福祉士です。

 

精神保健福祉士は精神障害専門

精神保健福祉士は精神障害を持っている方に特化した資格です。介護福祉士のように実際介護を提供するのではなく、自立に向けた支援、各機関と調整や連絡をして精神障害をもっていても自立した生活を送れるように支援していくことが主な仕事となります。

 

精神保健福祉士は3福祉士の中でも最も新しい資格であり、社会福祉士から派生したともいわれています。そのため、まだまだ数が少ない国家資格ですが、精神障害者の増加からますますそのニーズは増加してきています。

 

資格を取得するためには基本的には大学で単位を取得するか、専門学校などで専門的な課程を受講する必要があります。介護福祉士のように実務経験だけでは受験資格を取得することはできませんので注意しておきましょう。

 

社会福祉士は福祉を専門にしている

福祉とは貧困などで社会的な生活が送れずに困っている方を助けるための制度です。

 

しかし、全員が困ったからといって福祉制度を使えるわけではありません。その制度を知らなかったりなど、アクセスが困難な場合があります。

 

社会福祉士はその制度を使えるように連絡や調整をしていく役割があります。その範囲は高齢者だけではなく、障害者、母子、子供、雇用者など非常に幅広い対象となっています。特に近年では刑務所で勤務を受刑者の社会復帰を専門とする社会福祉士が注目されています。

 

また、身近な社会福祉士の活動としては社会福祉協議会で地域の交流を促したり、相談を受けたり、病院で医療ソーシャルワーカーとして活躍している社会福祉士も多いです。

 

精神保健福祉士のように大学や専門学校などで課程を修了したのち、受験をして合格をすれば社会福祉士として活躍することが出来ます。

 

3福祉士の中では最も難関といわれる資格であり、介護福祉士、精神保健福祉士の合格率が50パーセント前後に対して、社会福祉士は25パーセントとおおよそ半分程度の合格率となっています。

 

3つの資格に共通していること

3つの福祉士はそれぞれ違う方を対象としており、介護福祉士は介護を提供することに対して、社会福祉士、精神保健福祉士は自立への調整が主な役割です。それぞれ違いますが、共通していることは、困っている方を助ける仕事です。

 

高齢や離婚、障害や失業など様々な理由で生活に困ってしまう方を、助けるという共通点があります。そのためどの資格を目指すにしても、困っている方を助けたいと思っている方は3つの資格の内どれでも取得を目指すことをお勧めします。

 

現在社会的な問題が増加しており、どの資格を取得しても就職に困ることはないでしょう。何か一つでも資格を取得していればそれだけでも強みになりますので是非目指してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加