介護士がケアマネジャーを取得するのがおすすめな理由

介護士がケアマネジャーを取得するのがおすすめな理由

ケアマネジャーはベースとなる資格があり、経験年数が5年以上になると受験資格を得れる資格です。

 

そのため、現在ケアマネジャーとして働いている方は、全てベースとなる資格を持っています。その中でも介護士が最も多いベースの資格がケアマネジャーです。

 

介護士をしている方には是非ケアマネジャーの取得をお勧めしたいのですが、その理由としてはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ケアマネジャーと介護は関連が深い

ケアマネジャーのベースの資格は非常に多岐にわたります。福祉関係の資格はもちろんですが、医療関係の資格にも及びます。栄養士や義肢装具士などケアマネジャーとはあまり関係の無い資格も含まれています。

 

その中で介護とケアマネジャーは関連性が非常に深く、介護士の技術や知識が生かされます。

 

まずケアマネジャーで必要な技術としては高齢者とコミュニケーションを取ることです。普段から介護士として高齢者とかかわっていますので、ケアマネジャーとして働き出してもスムーズに高齢者とコミュニケーションが取れるでしょう。

 

また、介護の知識がありますのでこの高齢者にはどんな介護サービスが必要なのかを選択する知識があります。介護士からの知識や技術がそのまま生かすことができるのがケアマネジャーです。

 

介護のキャリアアップのために

介護の資格は現在介護福祉士が最上となっています。介護福祉士以上の資格は介護ではありません。そのため、介護福祉士を取得後は他の資格を取得してキャリアアップをすることになります。

 

介護以外の資格は様々な資格がありますが、その中でもケアマネジャーの資格は給料アップにつながることが多いですし、介護との関連性が高いです。

 

また、ケアマネジャーを取得していると転職する場合でも転職の幅は広がりますし、同じ職場でもケアマネジャーとして活躍できる可能性が出てきます。

 

ケアマネジャー以外に有効な資格としては社会福祉士がありますが、これは学校に通う必要がありますので、経験年数だけで受験資格を取得できるケアマネジャーは非常におすすめの資格だといえます

 

体への負担を軽くできる

介護の仕事は高齢者の体を動かすのが主な仕事になりますので、介護士には体力が必要です。また、夜勤や早出、遅出などの変則的な勤務が主になりますので体調管理が大切になります。

 

介護士として年齢を重ねていくと、徐々に体力的に難しくなってしまい腰痛が悪化してしまったりなどで介護を続けていくことが出来ないこともあります。

 

それに対してケアマネジャーの場合は、基本的に夜勤もありませんし、勤務時間も一定しています。また、体を使う仕事ではありませんので、体の負担を軽減することができます。年を重ねていくと徐々に体に負担が重くのしかかってきますので、将来のためにもケアマネジャーを取得するのも良いでしょう。

 

介護保険を理解することができる

介護福祉士の勉強でも介護保険のことは勉強しますが、広く浅く勉強するので、介護保険のことを理解できていない方は多いかと思います。

 

介護士は介護保険上の施設や事業所で働くほとんどにも関わらず介護保険のことを理解していないのは、良いサービスに繋げれない可能性があります。

 

ケアマネジャーは介護保険の専門家ですので、介護保険のことを理解することができます。介護保険のことを理解しておくと、介護認定のことや、単位数、介護報酬など、もし高齢者の家族などから質問されたときなど困らないでしょう。

 

特に在宅サービスで働いている方は介護保険に触れる機会が多いですので、是非取得しておくことをお勧めします。他のケアマネジャーと対等に話をするためにも、取得しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加