介護士の転職で給料が上がった事例

介護士の転職で給料が上がった事例

給料を上げるためには様々な方法がありますが、転職というのは非常に効率的な給料の上げ方です。

 

しかし、実際転職をするのにはリスクが伴いますし、本当に給料が上がるのか?と疑問に感じている方もいるはずです。

 

ここでは、介護職が転職を通じて給料が上がった事例についてご紹介していきます。これから転職を考えている方は是非参考にしてみてください。

 

資格を取得してからの転職

Aさんは訪問介護事所でヘルパーの正社員をしていましたが、給料が低いことが悩みでした。

 

14万円程度しかなく、これでは普通のアルバイトをしているのとほとんど変わりませんでした。

 

転職をしようと思いましたが、Aさんは初任者研修の資格しか持っておらず、まずは資格の取得を目指しました。

 

目指した資格は実務者研修です。実務者研修を取得したのち、ヘルパーの経験を生かして他の事業所のサービス提供責任者になることが出来たのです。

 

給料としては3万円アップして17万円になりました。

 

このように資格を取得することによって、ワンランク上の職種に転職できることがあります。資格を生かした転職事例は給料アップも期待することができます。また、Aさんは自分のヘルパーとしての経験を生かして転職したことも、スムーズな転職につながったといえます。

 

夜勤手当を重要視して転職をする

Bさんはデイサービスで働いていました。仕事自体は特に問題ありませんでしたが、特養で働く友人は夜勤手当分だけ給料が高く、それがとても魅力的でした。デイサービスには夜勤がありませんので、特養で働く友人と比べても月に2万円〜3万円ほど給料が安かったのです。

 

Bさんは夜勤手当をもらうために施設系で転職先を探しました。転職先を探すと驚きました。ほとんどのところで夜勤手当を含むと今もっらっている給料よりも高かったからです。Bさんは老健に転職をすることが出来て夜勤手当分だけ給料がアップしました。

 

夜勤手当は介護士として働くのであれば非常に重要なものだといえます。主婦の方や夜が苦手、子供が小さいなどでは無ければ夜勤があるところをお勧めします。介護士の夜勤は時間が長いところが多いです。時間が長いので負担も大きいですが、それだけ夜勤手当も大きいですし、それ以上に自分の時間を持てるというメリットがあるでしょう。

 

例えば、16時から9時の夜勤であれば明けの日は働いた扱いになり、翌日が高給の扱いになります。

 

転職サービスを利用して給料アップ

Cさんは特養でユニットリーダーをしており、経験年数も10年以上、介護福祉士を取得しています。

 

10年以上働いていますが、あまり給料が上がらず、リーダー手当も非常に低かったのです。

 

そのため、転職活動をしようと考えていましたが、なかなか時間がありません。転職活動をする時間がなかったのです。そのため、一時は転職を諦めようとしましたが、たまたまネットで介護の転職サイトを見ました。

 

そこは登録をするだけで自分の要望に合ったところを探してくれるというサービスであり、Cさんはそのサイトを活用することにしました。担当者より連絡があり自分の要望などを伝えると、給料の条件が良いところを3つ提示されました。

 

Cさんはその中の一つを面接を受けることになり、無事に転職、給料アップをすることができました。転職サイトでは面接の日程なども決めてくれましたので、Cさんは働きながらもスムーズに転職をすることが出来たのです。

 

もしネットなどが苦手でない限りは転職のサイトを使うこともスムーズな転職には有利であるといえます。

 

担当者が転職先を探してくれたり、面接の日程を調整してくれたり、様々な考慮をしてくれますので、働きながらでも十分に転職先を選択することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加