介護士の転職が不安なら派遣がおすすめ

介護士の転職が不安なら派遣がおすすめ

介護士は離職率が高く、転職される方が非常に多い仕事です。

 

しかし、実際は不安を持って転職をする方が多く、転職する際のストレスは高いといえます。

 

もし転職が不安であるならば、派遣で働くことをお勧めします。ここでは派遣で働くことがおすすめな理由についてご紹介していきます。

 

なぜ派遣が良いのか

派遣が良い理由としては、施設と合わない場合は辞めることが出来、経歴にも傷がつかないからです。これが最大のメリットとなります。

 

転職を考えている場合「もし転職をして、嫌な施設だったらどうしよう」と不安に感じる方も多いです。正社員の場合は簡単にはやめれないですし、もし辞めたとしたら次の転職が不利になることがあります。

 

派遣の場合は、どこの施設何年勤めたかとはならず、どの派遣会社に何年所属していたかが重要になってきます。そのため、もし転職をして自分に合わないと感じた場合にすぐに辞めても問題ないのです。

 

正社員と比べて派遣は不利なのでは

正社員と比べると派遣は不安定だといわれています、実際不安定なところもありますが、それは工場などの派遣の場合です。

 

介護の派遣は他の派遣先と比べると安定しているといえます。

 

工場などの場合は、売り上げ不振などで派遣切りと呼ばれるものがありますが、介護の場合は慢性的に人出不足のところもありますので、派遣切りに合うリスクは少ないといえます。また、給料面でも派遣と正社員ではそこまで大差はないといわれています。

 

よく比較される部分としては、ボーナスの有無によって年収の差があるといわれていますが、実際派遣と正社員ではそこまで差はありません。その理由としては派遣の時給の高さにあります。時給が正社員よりも高い場合がほとんどですので、年収ベースで考えるとそこまでの差はないのです。

 

将来的に正社員になりたいと考えている

とは言っても、派遣よりも安定して仕事が継続できる正社員の方が良いと思っている方も多いです。

 

一生派遣で働くのは不安でいつかは正社員になりたい、派遣から正社員になれないのでは?と思っているのであれば、問題ありません。

 

派遣から正社員になれる制度があります。それは紹介予定派遣という制度です。最初は派遣で働き後々は正社員として雇うという制度です。例えば半年なら半年で最初に派遣で働く期間を決めておきます。半年ごとに雇い主、労働者共に同意を得れれば正社員として働くことが出来るのです。

 

これは、非常にメリットが大きいものであり、最初に派遣として働くことによってその職場が自分に合うのか見極めることが出来ます。正社員の場合は簡単には辞めれないですが、派遣の場合であれば嫌なら辞めることができます。雇う側としてもどんな働きぶりをしてくれるのか見極めることが出来ますので、紹介予定派遣で正社員になった人は長く働き続ける傾向にあります。

 

スキルアップに役立つ

スキルアップを望む方があえて派遣で働苦場合があります。その理由としては複数の職場を見れるということです。

 

複数の職場を見ることによって、様々な介護方法を学ぶことが出来て、介護士としてレベルアップをすることが出来るのです。

 

もしスキルアップを望んで転職をする場合は、派遣で転職をしてみることもおすすめです。施設で働いている方であれば、訪問介護を経験して、デイサービスを経験して、病院を経験して…といった具合に様々な場所で経験を積むことが出来ます。

 

最終的に自分の行きたいところで紹介予定派遣として正社員で働く方もいるぐらいです。専門職としてはスキルアップは必須ですので、しっかりと技術を身に着けて技術と知識がある介護士として活躍しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加