介護士は働く場所で給料はどれぐらい変わるのか?

介護士は働く場所で給料はどれぐらい変わるのか?

介護が主に働く場所としては、特養などの老人ホーム、訪問介護などの事業所、病院などがありますが、働く場所によっての給料の差はどれぐらいあるのでしょうか?

 

同じ仕事をしていても働く場所によって給料が違うのであれば、高いところで働きたいと考える方は多いはずです。

 

在宅介護事業所は給料少なめ

在宅介護の事業所というのは、訪問介護やデイサービスなどですが、在宅介護は施設や病院と比べると低いことが多いといえます。

 

その理由としては、夜勤がないからです。夜勤がないということは、夜勤手当がありません。

 

介護職の夜勤手当は1回あたり、5000円から高いところでは7000円ほどになります。週に1回のペースで夜勤をしたとして、25000円〜35000円ほどになります。これは、月の給料が20万円前後の介護職としては、非常に高い割合です。

 

在宅介護は基本的に日中の仕事ですので、夜勤がありません。そのため、施設や病院と比べると25000円〜35000円安いといえます。

 

最近ではお泊りデイや24時間訪問介護というところも増えてきていますので、一概に在宅介護は夜勤がないというのは間違っていますが、もし夜勤手当が欲しいと考えている場合は、在宅介護はおすすめできません。

 

施設でも種類によって違う

施設は特養や、老健、有料老人ホーム、グループホームなどがありますが、施設によって若干給料が違います。

 

この中で働く施設によって違うのは有料老人ホームです、有料老人ホームでは入居金や月額費用が高い高級有料老人ホームは給料の水準を高くしているところが多く、入居金が0円だったり月額費用が安いところでは、給料の水準が低いところが多いといえます。

 

高級有料老人ホームでは月の給料が30万円以上の介護職もいますし、特養などに比べると3万円〜5万円ほど高いところが多いといえます。特養や老健でも働く場所によっては給料の違いはありますが、有料老人ホームほどではありません。月給としては20万円前後が多いといえます。

 

グループホームではどうなのでしょうか?グループホームではそもそも正社員が少なく、パートが多いことが特徴的です。正社員ですと給料は非常に安い部類に入り、夜勤をして訪問介護などの正社員と一緒の給料ぐらいのところが多いといえます。

 

病院は比較的高め

病院での介護職は特養などに比べるとやや高い傾向にあります。その理由としては、夜勤手当とボーナスが高いところが多いという点があります。

 

夜勤手当は7000円前後が平均的ですし、ボーナスは場所にもよりますが年間4か月〜5か月ほどのところが多いです。

 

病院では看護助手として求人を出しているところと、介護士を募集しているところがありますが、看護助手として出しているところの方が安いです。これは、介護士はあくまでも看護師の助手だという考え方から来ています。

 

つまり、介護士を募集しているところは、介護士の専門性をきちんと理解している病院であるため、給料もそれなりに高く設定しているのです。

 

箱物系は残業がつきにくい

施設や病院などの、いわゆる箱物タイプの場合は、残業はほとんどないといえるでしょう。時々人材不足などで残業をしているところもありますが、通常の運営の場合はそれがほとんどないといえます。

 

しかし、訪問介護などの場合は、ヘルパーが急きょ休みをとったり、急なサービスの依頼があるんどイレギュラーなところが多いですので、残業は箱物系と比べると多くなりがちです。

 

残業をするとそれだけ給料は上がる傾向にありますが、訪問介護は夜勤がありませんので注意が必要です。夜勤をして夜勤手当をもらうか、残業をして夜勤手当分をもらうか明暗が分かれますが、そのあたりは自分のライフスタイルと合して検討していくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加