介護士で夜勤をしたくない方におすすめの職場・仕事について

介護士で夜勤をしたくない方におすすめの職場・仕事について

介護士は高齢者を介護しますので、仕事としては24時間365日ある仕事です。特に施設系で働く方は夜勤が必須になることが多いです。しかし、介護の仕事でも夜勤がない仕事もあります。ここでは夜勤がない仕事をご紹介していきますので、夜勤をしたくない方は是非参考にしてください。

 

日勤帯だけ営業をしている事業所を選ぶ

施設では24時間営業をしているので、介護士の夜勤はつきものですが、在宅サービスの場合は営業時間が日勤帯だけのところがありますので、そういったところを選択すれば夜勤の仕事はありません。

 

例えば訪問介護であれば9時から18時までなどのところも多くありますし、デイサービスなどでもそういったところが大半です。訪問介護やデイサービスは在宅で暮らす方を対象としていますので、サービス提供時間は日勤帯だけのところが多いのです。

 

そのため、訪問介護やデイサービスでは小さな子供がいる女性などが多く働いているのが特徴としてあります。

 

夜勤をしなくても良いか確認をする

在宅サービスでは働きたくないという方は施設で夜勤をするしかないのでしょうか?答えとしては施設勤務でも夜勤をしなくても良いことがあるということです。

 

これは施設によって違いますので、事前に聞いておく必要があります。

 

なぜ夜勤をしなくても良いかというと、施設は人で不足のところが多いからです。本当は夜勤もしてほしと考えているが人が不足しており、日勤帯だけでも働いてほしいと考えている場合であれば、日勤帯だけで正社員として採用されやすくなります。

 

また、働く側としても日勤帯だけ勤務をしますので、仕事の流れも把握しやすく、高齢者の情報も把握しやすいメリットがあります。

 

働いてる途中で夜勤が出来なくなった場合は

上記はこれから介護をしたいと考えている方の場合ですが、現在実際勤務をしている方が、夜勤が出来なくなった場合はどのようにしていけば良いのでしょうか。介護士の夜勤は非常に長時間に渡りますので、腰痛を引き起こしたりなどの理由で夜勤が出来なくなる場合もあります。

 

夜勤が出来なくなったら、まず上司などに相談をしましょう。ほとんどの場合は夜勤が出来なくなった理由でクビにはなりません。日勤帯だけの勤務に回されることが大半です。その為、日勤だけの正社員として働くことになるでしょう。

 

夜勤を後々したくないと考えている場合は

現在は夜勤をしているが今後は夜勤をしない職に就きたいと考えている方も多くいます。その理由としては体力的な問題です。若い時であれば夜勤をしても全く体に支障なく過ごすことができたが、年齢を重ねていくうちに徐々に体力的に厳しくなっていき、将来的には日勤帯の仕事にしたいと思う方もいます。

 

そんな時には頑張って昇格をして主任やリーダー級になることをお勧めします。いわゆる管理職という扱いですね。管理職になることが出来れば、日勤帯にいることを求められますので、夜勤の回数は無くなるか減ります。

 

もしくは相談員やケアマネジャーなどのように夜勤がない職種に移るということです。相談員になるには社会福祉士や社会福祉主事などが求められますので、取得するまでにはハードルが高いといえますが、ケアマネジャーの場合はある程度経験年数があれば受験資格を取得することが出来ますので、取得までのハードルとしては決して低いものではありません。日勤帯中心の仕事ですので、夜勤をすることはありませんし、決まった時間で働くことになりますので体としてもそこまで負担はかからないでしょう。

 

介護士の夜勤は夜勤手当などのメリットが大きい反面、体調面や精神面を考えるとリスクも高いものですので、夜勤が負担になればある程度自分で道を切り開くことも大切になってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加