介護士資格別の給料比較 〜初任者研修や介護福祉士との違い〜

介護士資格別の給料比較 〜初任者研修や介護福祉士との違い〜

介護士の資格は主に3つあります。介護職員初任者研修、実務者研修、国家資格でもある介護福祉士です。

 

これらは資格によって給料の差があるのでしょうか?

 

また、ここでは無資格も併せてご紹介していきます。

 

介護職員初任者研修の給料について

介護職員初任者研修(以下、初任者研修)は、介護士にとっては基本的な資格であり、最低でも初任者研修の資格が必要だという施設や事業所が多いです。

 

そのため、給料は低い傾向にあります。初任者研修では資格手当が無いところがほとんどですし、ボーナスなどにも反映されないことがあります。

 

取得も短期間であり、取得にかかる費用に関しても10万円以下で取得できますので、待遇的には優遇されない傾向にあります。

 

しかし、介護士として働くのであれば、最低でも取得しておきたい資格ですので、給料に関係なく、介護士として活躍したいのであれば取得することをお勧めします。また、パートで働く方に対しては、登録ヘルパーの仕事が初任者研修ではできますので、自分の時間を有効に使いたいと考える方は取得をしておきましょう。

 

介護実務者研修の給料について

介護実務者研修は介護の中でも中級の資格であり、介護福祉士を取得するためには必須の資格です。給料としては初任者研修に比べると1万円〜2万円ほど高いことが多いです。

 

特に給与が高い職種としては訪問介護のサービス提供責任者です。この資格を取得していればなることができる職種ですので、初任者研修のヘルパーと比べると3万円ほど高い傾向にあります。

 

取得するためにはある程度の時間と費用がかかりますが、費用対策としては効果的ですので取得がまだの方はおすすめ出来る資格であるといえます。

 

介護福祉士の給料について

介護福祉士の給料としては、平均をすると22万円〜25万円、夜勤をしていると25万円前後が多いといわれています。

 

介護系の資格の中では介護福祉士が唯一の国家資格ですので、給料は最も高いです。

 

介護福祉士が一定数以上働いている施設であれば、加算を取得できますので介護士にある程度高い給料を支払ったとしても加算によって施設に利益をもたらすので給料は高めの設定になっています。

 

もし今後ずっと介護の仕事を続けていきたい、介護士としてレベルアップをしたいと考えているのであれば介護福祉士の資格は是非取得しておくことをお勧めします。

 

無資格の場合

無資格の場合は、そもそも正社員として働くことが難しいことが多いです。多くはパートやアルバイトで募集していることが多く、時給としては800円〜900円ほどが一般的だといえます。

 

仕事内容としても、レクリエーションやシーツ交換、掃除などが中心であり、身体介護は少なめといえます。無資格では働ける場所も限られていますので、介護の仕事をするのであれば最低でも初任者研修を取得しておくことをお勧めします。

 

広がる給料の差

介護はキャリアアップが目指されています。そのため、資格を持っている方と持っていない方の差は今後さらに広がっていくといえるでしょう。

 

また、資格を持っている方同士でも給料の差は広がるといえます。介護福祉士と実務者研修、実務者研修と初任者研修の差が広がるのです。その理由としては、介護の専門性を高めていきたいという国の狙いがあります。

 

国家資格でもある介護福祉士を取得することによって、介護士の質を上げてより良い介護を提供できるような方針となっています。また、最近では介護福祉士からレベルアップできるようなキャリアアップが進められていますので、介護福祉士以外の資格者の給料は下がり、介護福祉士を持っている方の給料が上がるような流れになることが予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加