介護士の給料はいったいどれぐらいあるのか?夜勤がある場合との比較

介護士の給料はいったいどれぐらいあるのか?夜勤がある場合との比較

介護の仕事は他の業界の仕事とと比べると給料が安いといわれていますが、実際に介護士がいくらぐらいの給料をもらっているのか、介護従事者でないと難しいかと思います。

 

ここでは、介護士の給料は実際いくらぐらいなのか、どうしたら給料が上がるのかなどご紹介していきます。

 

月の給料は20万円前後 他の業界との比較

介護士の月の給料としては、20万円前後が最も多いといわれています。

 

基本給が16万円〜18万円、夜勤手当が2万円、その他手当てが1万円で20万円前後になります。

 

それでは他の業界に比べるとどうなのでしょうか?

 

よく一緒に働いている看護師の場合は月の給料は30万円前後であり、10万円の差があります。

 

会社員の場合は男性であれば全体の年収の平均が500万円といわれていますので30万円以上はもらっていることになります。女性の場合は400万円ですので、25万円前後はもらっているでしょう。

 

そう考えると介護士の給料は看護師よりも10万円ほど少なく、会社員よりも10万円から5万円ほど低い仕事になります。

 

しかし、これは介護士全体の平均的な給料ですので、実際は働く場所や資格などによって給料は変化していきます。

 

また、月の給料の他にボーナスや退職金なども施設によって大きく違いますので、給料を探すときは年収で探してみるのも良いでしょう。

 

 夜勤がキーワード

介護士は人を相手にする仕事ですので、24時間365日の仕事です。そのため、働く場所によっては夜勤があります。夜勤があるところとしては、特養や老健、有料老人ホームやグループホームなどの施設が一般的です。反対に夜勤がないところとしては、訪問介護やデイサービスなどの在宅系のサービスになります。

 

施設の場合は夜勤をすると夜勤手当というものが発生します。夜勤手当は施設によって違いますが、安いところで4000円、高いところでは7000円程度が夜勤手当として支給されます。

 

だいたい週に1回のペースで夜勤をしますので、月に5回前後が平均だといえます。月に5回ですので月の夜勤手当としては2万円〜35千円ぐらいにはなるでしょう。

 

その場合は月の給料が20万円を超えることがあります。

 

施設をしていて夜勤をしている場合は、22万円前後かそれ以上もらえるところが多いといえます。また、最近では24時間訪問介護やお泊りデイサービスも増えてきましたので、在宅サービスでも夜勤をしている事業所もあります。

 

資格を取得すれば給料がアップする

資格に対してほとんどの施設では資格手当というものを支給していますので、低い給料で悩んでいる方は資格を取得して給料アップを目指すことをお勧めします。介護には様々な資格ありますが、一般的に資格手当が支給されるのは実務者研修か介護福祉士です。

 

介護職員初任者研修は基礎的な資格ですので、支給されないことが多いです。実務者研修の場合は5000円前後、介護福祉士の場合は1万円〜2万円前後が多いです。

 

また、介護系以外でも社会福祉士やケアマネジャーなどに対しても支給されることがありますので、是非取得しておくことをお勧めします。施設によっては資格支援手当などがある場合もありますので、活用してお得に取得しておきましょう。

 

処遇改善手当が給料の底上げをしている

処遇改善手当とは、介護士の増加や離職防止をするべく政府が支給するお金になります。これは、施設の規模や働く介護職員の数にもよりますが、一般的には月に1万円から2万円程度は支給されることになります。

 

この手当は、まだ継続する可能性は高いですが、将来的にはなくなるといわれています。介護士だけが支給される資格となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加