介護士が給料を上げるための方法とは?

介護士が給料を上げるための方法とは?

介護士は他の業界に比べると給料が低い業界です。これは紛れもない事実であり、今後も低い状態が続くとされています。

 

しかし、給料が低いと生活が困窮する可能性がありますし、高い給料が良いと望んでいる介護士も少なくはありません。

 

介護士としてどういうことをすれば給料が上がるのかについてご紹介していきます。現在低い給料で悩んでいる方がいれば是非参考にしてください。

給料を上げる方法@ 資格を取得する

介護業界は資格を用いて働いている方が大半です。資格を取得しているとそれだけの能力を持っている=仕事ができると認識されて、給料が上がることがあります。

 

特に介護士は資格が多い仕事です。例えば、介護福祉士や実務者研修などの介護の資格以外にも、福祉用具専門員、レクリエーションインストラクター、住環境コーディネーター、社会福祉主事など、気軽に取得できる資格も多いです。

 

こういった資格を取得することによって資格手当というものが支給されるところがあります。月に数千円〜数万円になりますが、これは非常に大きな給料アップだといえます。

 

施設によって資格手当が違いますので、給料アップが目的で資格の取得を考えている場合は、まず自分の働いているところがどのような体制をとっているのか確認をしましょう。

 

給料を上げる方法A 役職を上げる

通常介護職として就職をすれば当然平社員となります。平社員であれば役職手当はありませんが、リーダーや主任などに昇格すれば役職手当がもらえることがあります。その手当としては施設によって違いますが、1万円〜3万円前後のところが多く、基本給自体が上がる場合もあります。

 

主任やリーダーになるためには、どのようにしていけばよいのでしょうか。まずは、資格を持っていない方は取得することをお勧めします。

 

介護福祉士はもちろんですが、ケアマネジャーや他の関連資格を取得しておくと昇格しやすいといえるでしょう。その理由と、自分の下で働く部下よりも下位の資格を持っているリーダーや主任では組織として成立しない可能性があるからです。

 

給料を上げる方法B 転職をする

資格を取得したり、役職を上げる方法は給与アップに効果がありますが、費用が時間がかかります。

 

費用も時間もかけずにお手軽に給料をアップさせるためには転職が最も適しているといえます。

 

もちろんデメリットもあります。転職をする際は現在働いているところの退職の手続きをしないといけませんし、面接をしたりなど精神的なストレスがかかってきます。転職先ではまた一から仕事を覚える必要があります。

 

しかし、転職で給料をあげるのは非常に効果的であるといえます。自分の給料よりも高いところを転職先として選ぶことが出来れば給料がアップします。転職をする際のポイントとしては求人広告などで表示されている給料だけを見ないということです。

 

資格手当はいくらぐらいあるのか、夜勤手当は、ボーナスはなどトータルの金額で確認をすることが大切であるといえます。年収ベースで確認をすることをお勧めします。

 

先輩の給料を確認しましょう

転職すれば給料は上がりますが、転職は出来るだけしたくないという方もいるでしょう。

 

しかし、そのまま働いていても給料が上がるのか心配だという方もいます。そのような時は自分よりも長く働いている方に対して給料を確認してみましょう。

 

ストレートに聞いても教えてくれない可能性がありますので「このまま働いていても給料上がりますかね?」「昇給ってどれぐらいありますか?」などといったように確認をしておくことをお勧めします。

 

また、転職をする意思を見せることによって、今働いているところから昇給を検討される可能性もありますので、まずは誰かに相談をすることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加