介護士と看護師の他の職種との違いについて

介護士と看護師の他の職種との違いについて

ご高齢者や障碍者の支援に当たるためには、介護士だけではなく様々な職種の人がかかわる必要があります。

 

介護士同士の情報の共有も大切ですが、他の職種とも連携が必要になります。介護士が、介護業務以外まで受け持つ必要はなく、それぞれの専門にうまくつなぐ必要があります。介護以外の職種と違いを比べながら見ていきましょう。

 

介護士の役割とは

介護士が受け持つ支援の中での役割は日常のできないことのお手伝いです。すべてを自分で解決しようとするのではなく、上手に他職種へつなぐことも仕事の一つです。

 

利用者さんの体の変化や、支援内容について気になる点があれば相談する必要が出てきます。直接話す場合もあれば、訪問介護事業所で仕事をしている場合などは、サービス提供責任者へ内容を伝えケアマネなど必要な人へ連絡を入れてもらうこともあります。

 

介護士と看護の違い

介護士にはしてはいけないことがあります。一部の許可の出ている医療行為以外の医療行為についてはすごことができません。両者ではご高齢者を見る視点も違います。介護士はご高齢者ができること、できないことを見ています。

 

そしてそれに合わせて支援をします。一方、看護師は病状を主に観察を行います。両者の共通点としては、実際にケアに当たる人物だと言うことです。そのためしっかり連携が必要で、気になることなどはお互いに情報をしっかり共有する必要があります。

 

介護士とケアマネの違い

介護士もケアマネもご高齢者や障碍者に必要なことを考え支援することが仕事ですが、2つの職種には大きな違いがあります。ケアマネは何が必要かを考え、支援内容の作成を行います。

 

訪問介護事業所が決まっていない場合や、デイサービスが決まっていない場合などをつなぐ役割もあります。介護士はその計画に沿って支援を行います。もちろん支援をしながら、もっとこんな支援が必要と思えばケアマネに伝えることをし、計画内容を変更してもらうことも可能です。

 

ケアマネはこの時間にこのような訪問介護を使う必要があると言うところまでは担当しますが、その後は訪問介護事業所からサービス提供責任者が細かな支援内容についてご本人や、ご家族と相談の上決めていきます。実際に支援に入る介護士は、その決められた支援内容に沿って支援を行います。しっかり支援内容が決まっていることで、どの介護士が入っても同じ支援を行うことがあります。

 

介護士と社会福祉士の違い

社会福祉士の仕事内容にはとても幅があります。多くの場で活躍されていますが、特にご高齢者や障碍者と関わる仕事としては、病院のソーシャルワーカー、老人介護施設の生活相談員などがあげられます。

 

病院のソーシャルワーカーは退院した後で困らないように相談に乗りながら準備を手伝ってくれます。例えば、これまで訪問介護が必要なかったり、デイサービスを利用していなかったけど、家へ帰った後は利用する必要が出た場合など何が必要かを一緒に考えてくれます。

 

介護と結びつけるだけでなく、退院後しばらく訪問看護が必要な場合は訪問看護の手配などもします。初めて介護が必要になった場合などはケアマネが決まっていないこともあり、その場合はケアマネともつないでくれます。

 

介護施設などに居る生活相談員の仕事は介護福祉士以外にも、社会福祉主事任用資格者や精神保健福祉士がなることができます。また、市町村独自に定められている場合があるので、この資格以外の人が当たる場合もあります。

 

仕事の内容はとても多く、入居の手続きや相談援助、地域との連携、居宅サービス利用や利用中止に関わる業務などです。介護士も実際支援に当たっているためご本人やご家族から相談を受けることが多いですが、生活相談員は中立な立場でそれぞれの相談を聞き、解決へと結びつけることが仕事です。

 

次は⇒介護の仕事を長く続けていく為のコツ 〜腰痛を防止する〜

このエントリーをはてなブックマークに追加