介護士の業務について

介護士はどんな場所で働いているのか?施設系と在宅系

介護士の仕事は介護をすることですが、その対象者は高齢者に限らず、障害者なども含まれます。それに伴って、介護士が活躍する場所は多岐に渡ります。介護士が働く場所としてはどんなところがあるのでしょうか?

 

施設系と在宅系で働いている

介護士が活躍している場所で最も多いのは、介護保険施設です。介護保険施設は特別養護老人ホームを指しますが、多くの介護士が活躍しています。特別養護老人ホーム以外の施設系としては、老人保健施設、グループホーム、ケアハウス、有料老人ホームなどがあります。特養や老健、有料などでは人員基準が定められており、高齢者1名に対して最低3名の介護士が活躍しています。

 

在宅系は自宅に住んでいる高齢者に対して、ヘルパーなどが訪問をして介護を提供します。訪問介護やデイサービスの他に、デイケアや訪問入浴などで介護士は活躍しています。

 

特に訪問介護は在宅系で最も多くの介護士が活躍しており、サービス提供責任者や登録ヘルパーなど幅広い方が働いています。

 

障害者を対象とした働く場所

介護士は介護を仕事としていますので、高齢者以外にも障害者も対象となっています。障害者施設や、障害者の訪問介護事業所(居宅介護)でも介護士は活躍しています。
近年障害者の処遇が見直されてきており、充実した生活を送るために多くの介護士が施設で働き、障害者の身の回りの支援をしています。

 

また、障害者は、子供を対象にしている場合もありますので、子供が好きな介護士は障害者の分野で働くことが多いです。

 

初心者におすすめな働く場所

介護を初めて行うという方で、どんな場所で働けばいいのか迷っている方には、特別養護老人ホームでの介護士をすることをお勧めします。特養は介護の基本的であり、中心的な施設です。特に従来型の場合は非常に多くの高齢者を介護します。

 

多くの高齢者を介護することによって、基本的な介護技術が身につくので介護初心者の方には非常におすすめであるといえます。初めてのところが訪問介護の場合はどうなのでしょうか?訪問介護の場合は生活援助と身体介護に分かれますが、事業所によっては生活援助を主にしているところもあります。そのため、介護士として必要な身体介護の技術が身につかない、経験が少ない場合もあります。

 

特養であれば毎日おむつ交換や入浴介助などを行いますが、訪問介護の場合は一日働いてもおむつ交換をしない場合もあります。特養は他の施設と比べても仕事内容が大変ですが、基礎的な技術や知識を身に着けるにはおすすめであり、一度特養で働いているとどこの施設や事業所でも通用するでしょう。

 拡大してきている介護士の就業場所

介護士は介護をする専門ですが、近年では介護士が活躍できる場所は拡大してきています。その代表的なものとしては、実務者研修や初任者研修などの講師です。これは介護福祉士を取得している方限定になりますが、資格を取得してきた方に対して介護とは何かを教えていきます。

 

一時期のピークに比べると介護士を目指す方は少なくなったといわれていますが、現在では介護福祉士の取得要件に実務者研修の修了が含まれてきましたので、講師としてのニーズは非常に多くなってきています。

 

講師といってもそこまで難しいものではなく、教科書に沿って伝えていくものになりますので、ある程度の知識があれば問題ありません。

 

また、地域の高齢者の集まりに介護士が参加している場合もあります。役所からの業務委託によって地域の高齢者の繋がりを深める取り組みを介護士が行っています。この場合は直接介護を行うことはほとんどありませんが、介護予防などの取り組みを介護士が率先して行っています。

 

次は⇒介護士が出来ることと、出来ないこと(医療行為との境界線)

このエントリーをはてなブックマークに追加