介護の工夫  介護にならないための情報、おすすめの介護保険の紹介、介護になってしまったときの手続きについて

介護にやさしい住宅の選び方、探し方

「介護」をあらかじめ想定し種々の対策を講じておくことはこれからの「超介護時代」においては「転ばぬ先の杖」となるばかりかある程度必然的に要求される風潮になるものなのかもしれません。

 

たとえば民間の介護保険に加入することは近い将来がん保険と並んで保険のポートフォリオを組む際に基本的なものになるように、他の分野においてもあらかじめ先回りした「介護」対策は必要不可欠なものとなるでしょう。

 

住居についても「介護」になった後にリフォームを行うことより、あらかじめ「介護」に必要なものを想定したマイホームを購入することがスタンダードとなることでしょう。(もちろん「介護」の状態に応じた後付けのリフォームは必要です。)近年では新築の一戸建てにおいて手すりやスロープなどはある程度標準装備となっているものもあり、バリアフリー住居が販売されるようになっていることから、ともすれば介護を想定していない住居はマイホーム購入者からするとマイナス要因になってしまったのかもしれません。

 

そこで将来的に訪れるであろう「介護」を想定しマイホームを購入もしくはそういった賃貸物件を借りる際にどのような設備やその購入・賃貸にあたり注意する点などをご紹介したいと思います。

 

バリアフリー住宅のポイント

当然バリアフリー住宅とは銘打っていてもそれだけで完全な「介護」のための住宅ではないことをあらかじめ断った上でバリアフリー住宅とはどんなものでどのような点に注意すべきかご紹介します。

 

まず一口にバリアフリー住宅と言ってもこういうものだと定義されているわけではなく、さまざまなタイプのものがあるので、最低限ここだけは押さえておいた方が良いというポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

これらは「介護」を経験していない人にとっては全く意識しない点なのであり、たったこれだけのことがという程度のポイントかもしれません。しかしこの露ほどの差が「介護」のストレスとなって顕れてくることになるのです。

 

@玄関・廊下

家の出入りや部屋間の移動の際の空間は、車いすの際はもちろんのこと歩行の際においても当然間口が広めにとってあることが好ましいと言えます。したがって玄関や廊下は車いすが歩行することまで想定して広めにとってある物件が好ましいでしょう。

 

A階段

階段は非常に転落等事故の多い場所であり、この階段に手すりがついているかという点が非常に重要です。賃貸物件であれば2階部分がない住居がほとんどだと思うので、手すりがあってもリスクの高い階段のない賃貸物件を選択するというのも一つの手だと思います。

 

B浴室

住宅において最も転倒が多いのが前述の階段と、滑りやすいことから事故につながる浴室です。したがって滑りにくい床材を使っているか、浴槽の付近に手すりはついているか、また浴槽の高さはなるべく低いものであるかなどチェックするポイントは他の部屋に比べ多いです。

 

C段差

車いすを使用する際はもちろんのこと、歩行においてもなるべく段差が少ない方が転倒等の心配が少ないです。少しの段差でも事故につながることもあるので、なるべく段差が少ない物件が好ましいです。

 

終わりに

「介護」はとかく肉体的・精神的な負担が大きいと言われますが、「介護」のしやすさ、ひいてはどれだけ「介護」のストレスを減少させるかが、長丁場となる「介護」を乗り切る一つのポイントとなるでしょう。

 

したがってそのストレスを感じさせない住環境を用意することは「介護」する側にとっても、される側にとっても、必ず押さえておきたい条件であると思います。その上で「介護」の環境を整えるためにバリアフリー住宅については、しっかりとした知識を持っておくことも重要です。

 

介護の工夫 要介護にならないためにTOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加