介護の工夫  介護にならないための情報、おすすめの介護保険の紹介、介護になってしまったときの手続きについて

介護施設の選び方、種類、費用の相場について

「介護」と聞くと「施設」と連想される人は多いのではないでしょうか。

 

ひとえに「介護施設」とは言っても要介護度やその目的に応じて多様な施設に分類されます。したがってどのようなケースにどのような施設に入居することになるのかということは、あらかじめ知っておく必要があり、その上で資料請求など行うこととなるでしょう。

 

またそのサービスの内容や入居条件、かかる費用なども異なってきます。

 

介護施設の種類と費用

前述したとおり「介護施設」は内容に応じて多種多様です。一般的には民間の施設は費用がかかりますがその分入居はし易くなっております。

 

それに対し公的介護保険サービスに位置づけられる公的な介護保健施設は入居費用はある程度押さえられますが、その分人気が高いため入居も難しくなっています。

 <民間の施設>

@グループホーム・・・比較的軽微な要支援状態から要介護1〜2程度の要介護状態の方また軽度の認知症の方が入居可能であり、少人数での共同生活による生活支援や介護支援のサービスを行っています。初期費用と月々の費用がかかり、初期費用は10〜100万円程度、月々の費用は15〜30万円程度と比較的高いと言えます。

 

Aサービス付高齢者向け住宅・・・バリアフリー化した賃貸住宅であり、認知症でない要支援者から比較的軽微な要介護者が入居可能であり、生活支援を中心としたサービスを行っています。敷金という形で初期費用が0〜300万円程度、月々の費用に20〜30万円程度かかり、費用は高めです。

 

B有料老人ホーム・・・要支援状態の方から重度の要介護状態の方まで幅広く入居が可能な施設で、一般的な生活支援、介護支援、リハビリ、医療措置など幅広いサービスが特徴です。用途に応じて以下の3つに分類されます。3つに共通して言えることは初期費用が0〜1千万円程度、月々の費用も10〜40万円程度と費用が高いことと、入居の難易度が高くないことが挙げられます。

 

介護型・・・生活支援、介護支援、医療措置を中心としたサービスを行っています。施設数が多いため、競争率が低いことが特徴です。

 

住宅型・・・生活支援を中心としたサービスを行っており、比較的軽度の要介護者までが入居可能です。医療行為は行っていないので、必要な際は退去の可能性もあります。

 

健康型・・・軽度の要支援者までの基本的に自立した人が入居可能であり、主に生活支援のサービスを行っています。住宅型との違いは、図書室・スポーツジムなどレクリエーション設備が充実しており、健康的な生活支援に特化している点です。

 

 <公的介護保健施設>

C軽費老人ホーム(ケアハウス)・・・比較的軽微な要支援状態の方が入居が可能な施設で、生活のサポートを行うサービスが主体となっています。初期費用は30万円以内、月々の費用も5〜15万円程度と費用は高くはありません。

 

D特別養護老人ホーム・・・要介護3以上の重度の要介護状態の方向けの施設で、主に介護支援、リハビリを中心としたサービスを行っており、長期入居が可能です。初期費用は0円で、月額費用も5〜15万円程度と費用はやはり高くはありません。しかし非常に人気なため、入居までに何年も待機するという可能性が高いです。

 

E介護老人保健施設・・・比較的重度の要介護者の方が入居できる、主に医療処置、リハビリを中心としたサービスを行っています。医療処置が充実しており、どちらかと言えば医療サービスに特化した施設となっています。初期費用はかからず、月々の費用も5〜13万円程度と低いですが、入居の難易度はやはり高めと言えます。

 

「介護施設」と呼ばれる代表的なものをご紹介しました。

 

「介護施設」に入居するにはいくつかの手続きがあり、必ずしも入居できるというわけではありません。まずは実際にその施設の見学を行い、その後申込みとともに面談等含めた入所審査が行われます。本人の身体状況や保証人の審査、そして経済的な面などあらゆる角度から審査されます。

 

それをパスすると体験入居を経て、ようやく正式な入居となります。

 

終わりに

「介護施設」選びにおいてはどんな「介護施設」があり、サービス内容、費用、条件などしっかりとチェックしたうえで、どの施設に入居できるのかを判断し、資料請求・見学等を活用して、納得のうえで「介護施設」への入居に臨みたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加