介護の工夫

介護と新ビジネス 〜ケアタクシー、ケアローソン等〜

これから少子高齢化に拍車がかかる日本においてはますます要介護者は増え、また公的介護保険の改正、「介護」業界への参入の規制緩和もあり、にわかに「介護」ビジネスが注目されています。

 

数少ない成長が期待出来得る市場である「シニアビジネス」においてもいまだ参入が少ない注目される市場として「介護ビジネス」は期待が出来る市場でしょう。

 

年々利用者の拡大から「介護」市場は10兆円を超える大規模な市場であり、今後ますます市場規模は拡大していくと予想されています。

 

さらに公的介護保険制度の給付の対象である事業であるため、他のビジネスよりも行政の恩恵を受けやすいことと貸し倒れリスクが少ないことなどメリットも多い市場です。もちろん人の体を扱うというデリケートな市場であることから安易に参入すべきものではないのですが、今後ますます新規参入は増えていくと予想され、また利用者の選択肢の幅の拡大から新規参入が増えるべきであると考えます。

 

ただ成長産業である「介護市場」における新規参入の増加によるリスクもまた懸念されている所であり、しかし競争を生むことで質が上がるのであるとするならば、企業はどんどん新規参入すべきですし、国や監督官庁はそれを支援する働きが今後必要になってくると思います。

 

様々な分野の新規参入

今回はどのような「介護ビジネス」のユニークな形の「介護ビジネス」のモデルとしてどんな参入の形があるのかをご紹介したいと思います。

 

まずはヘルパーの資格を有する乗務員が外出の付添をするという「ケアタクシー」というサービスがあります。単に送迎だけではなく、通院の付添(順番待ちや薬剤の受取も行う)や買い物の付添など、要介護者にとって困難である外出のサポートをしてくれるという画期的なサービスです。

 

公的介護保険の適用外なので全額自己負担とはなりますが、ユニークでかつ需要の高そうなサービスであると思います。

 

次にコンビニエンスストアで全国展開をしている大手コンビニチェーン「ローソン」が「介護」に特化し出店した店舗である「介護(ケア)ローソン」についてご紹介します。

 

ケアローソンでは紙おむつやレトルト介護職、その他「介護」に役立つ日用品などこと介護福祉用品を中心に販売しているのですが、最大の特徴は何と言ってもケアマネージャーが常駐し、介護の相談に乗ってくれるというサービスです。行政の施設ではなくもっと身近なコンビニという存在であることから気軽に相談出来、「介護」を行う方の頼もしい味方となると思います。

 

またさらにユニークなビジネスモデルとして、「LAS VAGAS 」というデイサービス型介護施設についてご紹介します。介護施設と聞くとやはりネガティブなイメージがつきまといますが、ここではあくまでゲームを楽しむということにこだわった介護施設です。

 

施設内のみ使用可能な通貨を用いてのギャンブルを行うカジノ施設なのですが、列記とした介護施設でありただギャンブルを行うだけではなく、身体を使ったリハビリ等も行っているのです。もちろんギャンブル自体も実際に現金を賭けているわけではなく、あくまで認知症予防の一環でもあり、頭を使うことと楽しさを感じることがひいては老化防止に繋がるという目的で導入しているとのことです。

 

やはり主体的でポジティブな思考を伴っていたほうがリハビリ等の効果は良くなるものなのでしょう。以上3つのユニークな「介護」ビジネスモデルをご紹介しました。

 

新規参入における課題

「介護ビジネス」において、直面するだろう一番の課題はやはり人材育成です。ただでさえ介護職を目指す方が減少しているのに、さらに待遇の悪さから離職する方も非常に多い業界です。先ほど挙げた新しいユニークな「介護」ビジネスが介護職への道で二の足を踏んでいる若者への興味を刺激するものであってほしいと感じます。

 

 

介護の工夫 要介護にならないためにTOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加