介護の工夫

介護の相談窓口【地域包括支援センター、民間介護サービスについて】

予防介護において紹介した地域包括支援センターは「介護」のよき相談相手となってくれることもご紹介しましたが、こういった相談窓口を利用することは長期間に及ぶ「介護」を乗り切るためには必要なこととなってくるでしょう。

 

なぜなら「介護」はやはり長期間に及び、肉体的・精神的・経済的な負担が強いられるものであり、個人もしくは家族だけで抱え込むことはあまりにリスクが高いからです。こういった地域社会のサービスも利用し、乗り切ることも「介護の工夫」の一つと言えます。

 

こういった「介護」の相談窓口は何も地域包括支援センターのような公的なものだけでなく、民間でもそういったサービスを実施している企業もあるため、よく調べて検討されてみるのが良いかと思います。ここではその一部をご紹介いたします。

 

地域包括支援センター

地域包括支援センターは各市町村に最低1つ以上設けられている福祉施設であり、「介護」に直面した場合や直面しそうな高齢者が家族にいる場合に最もお世話になることの多い身近な施設の一つとなるでしょう。

 

センターには社会福祉士・保健師・ケアマネージャーが専門職として配置されているため、「介護」についてトータルでの相談も出来ますし、専門的な相談をすることも可能です。

 

もちろん相談だけでなく、要支援の方向けのケアプランの作成、介護予防サポートの実施など名前の通り「介護」に関する包括的な支援を行っている施設です。このセンターは法定上は市町村が事業運営の主体ですが、外部委託も可能であるため、完全な官営よりも「介護」をしている方により近い距離感の施設であることも期待できます。

 

また最大のメリットは市役所等役所ではいくつもの機関や部門を行き来し、たらいまわしにあったり待たされたりということが想像できますが、このセンターにお
いては「介護」に特化した施設であるため、より専門的により迅速に対応してくれるという点が最大の利点です。

 

また要介護状態や要支援状態になくとも、高齢者のための包括的な施設であるため、こと「介護」に限らず高齢者の方の悩み相談等も行っているので、幅広い相談に対応してくれる施設なのです。

 

民間の「介護」相談サービス

もちろん人と顔を合わせて家族の介護の相談をするというのが憚られる方もいらっしゃるでしょうし、忙しくてそういった場所へ足を運べない、または喫緊で回答が欲しいという方もいらっしゃるでしょう。

 

そういった方にはインターネットでのWEB相談なども一つの手段です。「介護」に関する不安や悩みを無料で専門家に相談できるサービスを展開する「安心介護」(http://ansinkaigo.jp/)は大手のウェブサイトで、匿名で相談できるので安心して利用できるサイトであると思います。

 

また同じく「介護」を経験している方と同じ悩みや方法論などを共有できるのもこういったポータルサイトの強みであるでしょう。24時間以内の回答というのもありがたいです。

 

以上のように民間でもこういった相談サービスがあるので知っておくともしかしたら活用できるかもしれません。

 

終わりに

多数の「介護」に直面している人が欲しているのは、もちろん「介護」についてわからないことがありそれに対する回答もあるでしょうが、どちらかと言えば漠然とした不安や抱えている不満などに対してのある種の共感ではないでしょうか。

 

「介護」を放棄するわけにはいかないので「介護」はやるにしても、少しでもストレスや不安は取り除いておきたいものです。メンタルの面で大きく負担ののしかかる「介護」においてはその負担を出来るだけ抱え込まないよう、いくつか相談のはけ口を用意しておくべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加